任意売却物件の購入

任意売却物件の購入情報

任意売却物件を購入するには

少しでも安い住宅がほしいと考え、任意売却物件を探している方がいるようですが、そういう物件を素人が探すのは難しいでしょう。

同じように安いイメージの競売物件についてならインターネットにも新聞にもでます。

時間がかかってもよいなら、そういう物件を扱っている不動産会社に頼んでおいて、物件が出たときに知らせてもらうということしかないように思います。

なぜ、競売物件はみつかるのに任意売却の物件が出回ってないか、探せないかというと、人に競売物件と知られたくない気持ちの人がこういう方法を選んでいるからです。

また、任意売却物件は、引渡し時に抵当権をはずす交渉に時間がかかります。

当然、債権者が多ければその分時間がかかるということです。

また、売主の都合ですぐに決めないといけなかったりする場合もありますので、どちらにしても難しいといえるでしょう。

また、売り主は、借り入れ残高のほうが販売価格より上まわっているので必死です。

交渉価格は難しいでしょう。

また、任意売却物件の場合売主が債務超過のため瑕疵担保の責任を負わせるのは不可能ということで、瑕疵担保責任免責という特約をつけることが多いです。

その分、販売価格は抑えてあると思います。

購入方法については、一般の不動産売買と同じと考えて大丈夫です。

任意売却物件について

住宅ローンが払えなくなった時、どうにかしようとして相談するできれば、売りたくないと考えてまた相談する、そうしてローンの期間を延長してもらったり、猶予してもらったりしても無理で、それでも・・・ということで、金融機関など債務者の合意の下、自分の意志で不動産を売却するのが任意売却です。

競売は、どうしても売りたくなくて、でもローンが払えず、売却となります。

なんとか払おうとする、競売にかけないということは、近所や周りにも知られたくないという思いからです。

そういう風に考えて任意売却をした売主は、不法占拠も当然ないだろうし、どちらかといえば、きちんと物件も使われているような気がします。

ただ、手続きをきちんと踏んで抵当権も抹消し、所有権にも問題がないので、購入申し込みした後に、それらの手続きということになります。

そのために、債務者が多ければ多いほど時間がかかるのもこの任意売却物件です。

また、売主にしても債務者にしてもできるだけ早く資金がほしいので、任意売却物件も競売物件と同じく自己資金で一度に払う必要があるようです。

それでも、一般の物件よりは、2〜3割は安くなってるそうです。

あなたは、どちらを選びますか。


Copyright (C) tastynectar.com. All Rights Reserved.

任意売却物件の購入情報