自己破産申請前に自宅を任意売却するメリット

任意売却物件の購入情報

自己破産申請前に自宅を任意売却するメリット

自己破産をすれば、当然ながら自宅は売却することになります。

ここで重要になるのが自己破産を申請するにあたって、自宅の売却を度のタイミングで行うのか…ということです。

もし経済的な負担を少しでも小さくした上で自己破産をしたいということであれば、自己破産申請前に自宅を任意売却することをおすすめします。

というのも、自己破産には同時廃止と管財事件の2パターンがあり、破産者に資産がない場合は「同時廃止」が、資産がある場合は「管財事件(少額管財事件含む)」が採用され、その手続費用が同時廃止だと数万円程度で済むのに対し、管財事件になると数十万円の費用がかかってしまうのです。

原則的に自己破産時に自宅があると資産としてみなされるため、管財事件になるケースが多いようです。

それゆえ、自己破産を申請する前に自宅を任意売却してしまうのです。

そうすれば資産がなくなり、同時廃止になる可能性が大きくなるのです。

自己破産を申請するわけですから、金銭的に本当に厳しい時期だと思います。

たかだか数十万円の話とはいえ、その差は非常に大きいはずです。

同時廃止であれば、手続費用は安くなりますし、また裁判の手続き自体も簡素になり免責までの期間も短くなります。

また、任意売却で自宅を売ってしまえば、転居費用などを工面することができるというメリットもあります。

裁判所から当然ながら転居費用は出ませんが、任意売却なら債権者が引越し代を負担してくれるケースも有ります。

自己破産を申請する前には、必ず自宅の任意売却の検討をすることをオススメします。

これで全て解決!! 任意売却119番のメリットはこちら


Copyright (C) tastynectar.com. All Rights Reserved.

任意売却物件の購入情報